【マイナポイント第2弾】市役所での手続きが確実&効率的かも。我が家は4人分6万ポイントをゲット。

キャッシュレス決済

マイナポイント第2弾では「健康保険証登録7500ポイント」「公金受取口座登録7500ポイント」の受け取りができます。
つまりひとり合計15000ポイントの受け取りができます。

さっそく我が家では4人分合計6万ポイントペイペイ楽天ポイントでゲットしました。
→6万ポイント=4人×7500ポイント×2回

マイナ関連のすべての手続きが一か所でいっきにできる「市役所」で手続きするのが確実&効率的かもです。


第2弾のマイナポイント申請期限は2023年9月末までです。

期限までに子供の分も含めて家族全員のマイナポイントを取り切りましょう。

第2弾はマイナ手続き&マイナポイント申請をするだけでポイントがもらえます。

なんとペイペイマイナポイント申請翌日に全額付与されますよ!!

(第1弾のマイナポイントはマイナ手続き&マイナポイント申請に加えて、実際にキャッシュレス決済で支払しないとポイント付与されない。)

※この記事はマイナ第1弾を完了したした方を対象に書いています。

《マイナ第2弾のおススメ手続方法》
市役所で家族全員分を手続

②マイナポイント申請は汎用性の高いペイペイ楽天ポイントなどがオススメ


我が家4人分はこんな感じでマイナポイント6万ポイント取得しました。

《私の受取》
①私の分
ペイペイ(ペイペイポイント) 
15,000ポイント

②上の子の分
楽天カード(楽天ポイント)
15,000ポイント


《妻の受取》
③妻の分
ペイペイ(ペイペイポイント)
15,000ポイント

④下の子の分
楽天カード(楽天ポイント)
15,000ポイント

①+②+③+④=6万ポイント!!


住宅ローンの借り換えはモゲチェック


市役所での「第2弾マイナ手続き」が確実で効率的かも

1)市役所で手続するのが確実&効率的かも
マイナ関連の手続きは非常に分かりにくいですよね。

以下の「マイナ第2弾関連の3つの手続き」をすべて手続きできる場所は市役所です。

《マイナ第2弾に必要な3つの手続》
①健康保険証登録

②公金受取口座登録

③上記①&②のマイナポイント申請

普通の日に市役所に行って家族全員分の上記「3つの手続き」をいっきに完了する。

これが一番、効率的で確実な方法。

これが我が家の結論です。

2)オンライン手続きに対応できないスマホ・PC機種もある
マイナポータル各キャッシュレス決済のマイナアプリなどオンライン経由でもマイナ第2弾の手続きができます。

しかしスマホ&PCのなかには手続きに対応できない機種・環境があります。

①健康保険証登録&公金受取口座登録
マイナポータルは手続きできないスマホ&PCがあり。

②各キャッシュレス決済のマイナポイント受取申請
キャシュレス決済ごとにマイナ手続きアプリが異なり、対応できないPC・スマホもあり

自分でオンラインから手続きする場合、持っているスマホ・PCで手続きできるかどうかの検証から始める必要があります。

しかし自分のスマホ&PCが対応可能かどうか調べるのはかなりめんどうです。

実際、私のスマホは「楽天ポイント」の申請ができないスマホ機種でした。

またスマホ・PCの操作が苦手な方にはスマホ&PC経由の手続きはおすすめできません。

これらの問題を避けるため、私は妻と市役所に行って家族4人分の手続きすることにしました。

3)実録:我が家のマイナポイント第2弾手続きについて
2021年にマイナ第1弾の手続&マイナ申請で市役所に行きました。
そのときは市役所の手際の悪さや勉強不足に大きな不快感を感じました。

マイナ第2弾はできるだけ市役所以外で手続きしようと強く思っていました。
実際、「健康保険証登録のマイナ手続き」セブンイレブンATMで実施しました。
※セブンイレブンATMでの対応については以下の部分で説明しています。

しかし私のスマホは楽天ポイントのマイナポイント申請に対応できないスマホ機種。
さらに公金受取口座登録のためのマイナポータルの使い方がいまいちよく分かりませんでした。

しかたなく有給日に市役所の営業開始時間に妻と市役所に行って手続きしました。

なんと今回は市役所にマイナ専任の担当者がいました。
その人がパソコンの横にずっとついて指導してくれて、さくさく手続きが進みました。

なんと30分で4人分の「公金受取口座登録&マイナポイント申請」が終了しました。

信じられない改善でした。
マイナカード推進に国から自治体へ圧力がかかっているのでしょうか。。。

マイナ関連の手続対応効率は自治体によって違うでしょうが、すべての手続をいっきに確実に処理できるのは市役所です。

家族分全員分マイナ手続&マイナポイント申請を確実に効率的に完遂するには「市役所」で手続きするのがよいとおもいます。

費用0円で毎月数万円のお小遣い稼ぎ【akippa】

市役所での第2弾マイナ手続き&マイナポイント申請

1)マイナ第2弾手続きのため市役所に持っていくもの
「健康保険証登録」「公金受取口座登録」「マイナポイント申請」3つの手続をおこなうためには、以下のものが必要になります。

《マイナ第2弾の手続きに必要なもの》
①手続きする人全員分のマイナカード

全員分マイナカード・パスワード
→マイナカード申請時に設定した4ケタの数字

③全員分の健康保険証

④公金受取口座に設定する銀行口座の「銀行名・支店・口座番号」がわかるもの
→登録者名義のキャッシュカード・通帳など

⑤マイナポイントを申請するキャッシュレス決済の「決済サービスID」「セキュリティコード」
→自分のスマホでキャッシュレス決済のマイナアプリから「決済サービスID」「セキュリティコード」を市役所で確認できればOK

市役所の対応能力・混みぐあいよっては時間がかかる時もあるでしょう。

手続きのための時間を十分に取って、市役所に行きましょう。

例えば家族4人分の手続きであれば6万ポイント取得できます。
(7500ポイント×2回×4人=6万ポイント)

有休などを取ってもマイナ手続きする価値は十分にあるのではないでしょうか。

一例ですが、これは楽天カード「スマホアプリのマイナ関連画面」です。

ぼかしを入れていますが、こんな感じで「決済サービスID」「セキュリティコード」が記載されています。

この「決済サービスID」「セキュリティコード」がマイナポイント申請には必要になります。

2)子供(未成年)の第2弾マイナ手続き
子供のマイナ第2弾は親が代わりに手続きできます。

そして子供分のマイナポイント親が受け取ることができます。

子供のマイナポイントもきっちり取り切って、家計に役立てましょう。

《子供のマイナ第2弾手続で必要なもの》
子供の手続きにも大人と同じものが必要です。

①子供のマイナカード

②子供のマイナカードのパスワード

③子供の健康保険証

④公金受取口座に設定する子供の銀行口座の「銀行名・支店・口座番号」がわかるもの
→キャッシュカード・通帳など

⑤マイナポイトを申請するキャッシュレス決済の「決済サービスID」&「セキュリティコード」
→「子供分マイナポイント」を受け取る親の「決済サービスID」&「セキュリティコード」


子供のマイナ第2弾手続きの注意点は以下2点です。

注意点①:子供の公金受取口座登録手続き
子供名義の銀行口座のみ登録可能です。

親の名義の銀行口座は登録できません。

子供の名義の銀行口座を持っていない場合は、まず銀行に行って子ども名義の銀行口座を作りましょう。

注意点②:子供分のマイナポイント申請》
親が使っているキャッシュレス決済で子供のマイナポイント申請が可能です。

しかし親と同じキャッシュレス決済を子供分で使うことはできません。

例えば、自分と子供のマイナポイントを同じペイペイで2回申請することはできません。

私は「自分のマイナポイント申請」は私のペイペイ、「上の子のマイナポイント申請」は私の楽天カードで申請。

妻も同様に「妻のマイナポイント申請」は妻のペイペイ、「下の子のマイナポイント申請」には妻の楽天カードで申請。


住宅ローンの借り換えはモゲチェック

第2弾マイナポイントはどんなキャッシュレス決済がよいか?

《キャッシュレス決済の選択基準》
①ポイントを使える場所が多い

キャッシュレス決済のスマホアプリにマイナポイントサポート機能がある

③いつポイント付与されるかハッキリとわかる

④受け取ったときにマイナポイントであることが明確にわかる

⑤マイナポイント申請から早期にポイント付与される

この基準で我が家では「ペイペイ」と「楽天ポイント」を選びました。

私はTポイント、ワオン、スイカなども使っていますが、上記の基準から、ペイペイと楽天ポイントを選びました。

上記の基準などを活用して「自分がすでに使っているキャッシュレス決済」の中からもっとも都合のよいものを選んでいただければよいと思います。

楽天カードのスマホアプリ画面です。
マイナポインの申請状況が明確にわかるようになっています。

※マイナポイント申請すると抽選に応募できるなど別特典があるキャッシュレス決済もありますが、私は重視しませんでした。

費用0円で毎月数万円のお小遣い稼ぎ【akippa】

ペイペイのマイナポイント付与→なんと手続き翌日午前中に全額ポイント付与!!

マイナ申請の翌日午前中にペイペイポイント全額付与されました。

我が家のケース
10月26日午前
「公金受取口座登録」&「マイナポイント申請」手続き

10月27日午前7時37分:ペイペイポイント7500ポイント取得!!
→手続日の翌日午前中にマイナポイント全額受取!

このスピード感はほんとうに感動です。

ここまでできるペイペイはすごい!!

さっそく「水道料の支払い」に使いました。

公共料金の支払いに使えるペイペイのポイント汎用性はすごい!!

住宅ローンの借り換えはモゲチェック

楽天カード(楽天ポイント)のマイナポイント付与→手続き翌々月の25日前後に全額ポイント付与!!

楽天ポイントは手続き日の翌々月の25日ころに付与されます。

我が家のケース
8月15日午後
「健康保険証登録」&「マイナポイント申請」手続き

10月23日:楽天ポイント7500ポイント取得!!
→手続日の翌々月25日前後にマイナポイント全額受取

楽天カードのスマホアプリ画面で申請状況やポイント付与が明確に確認できて安心です。

マイナポイント付与時には「マイナ申請」によって7500ポイント付与されたことが明確になっています。

楽天ポイントは使えるお店が多い。

私は楽天ポイントはおもに楽天モバイル、ファミマ、マック、ミスドで使用しています。

ポイント残高が多い時は「楽天カードの支払減額」に楽天ポイントを使うこともあります。

楽天ポイントも使い道がたくさんある便利なポイントです。

費用0円で毎月数万円のお小遣い稼ぎ【akippa】

「健康保険証登録」だけ手続きする場合

健康保険証登録だけの場合は、セブンイレブンATMでの手続きもおススメします。

お近くのセブンイレブンで24時間手続きができます。

我が家は、一気にポイントがたまりすぎるのを避けるため、「健康保険証登録」と「公金受取口座登録」を時期をズラして手続きしました。

「健康保険証登録&マイナポイント申請」は家から200mのセブンイレブンATMで行いました。

めちゃめちゃ簡単でした。

《セブンイレブンATMでの健康保険登録手続に必要なもの》
①手続きする人全員分のマイナカード

②全員分のマイナカード・パスワード

③全員の健康保険証

④マイナポイントを申請するキャッシュレス決済の「決済サービスID」&「セキュリティコード」
→自分のスマホでキャッシュレス決済のマイナアプリに接続し「決済サービスID」「セキュリティコード」を確認できればOK


注意点ですが「公金受取口座の登録」はセブンイレブンATMではできません。

上記のように「公金受取口座の登録」は市役所マイナポータル経由での登録手続きになります。

「公金受取口座の登録」後にその部分の「マイナポイント申請」はセブンイレブンATMでできます。

住宅ローンの借り換えはモゲチェック

「公金受取口座の登録」は大丈夫なのか?

「公金受取口座の登録は個人に不利になるのでは」と不安なかたもいるかもしれません。

私個人の意見ですが「公金受取口座の登録はほぼメリットしかない」と思います。

公金受取口座は、個人が使っている銀行口座の中から個人の都合のよいものを1つを選んで登録すればよいだけです。

公金受取口座の登録をしないと、役所からお金を振り込むときに個人に問い合わせが来ることになります。

役所からの問い合わせを無視すれば「個人に取ってメリットのある補助金などのお金」が受け取れなくなるリスクもあります。

費用0円で毎月数万円のお小遣い稼ぎ【akippa】

まとめ

1)市役所での手続きが確実で効率的かも
マイナ関連手続きは市役所で手続きするのが確実&効率的かもしれません。

オンラインでも手続きできますが、自分のスマホ&PCが手続きに対応している機種・環境かまず調べる必要があります。

またスマホ&PC操作が苦手な方にはおススメできません。

2)役所での手続き
第2弾マイナ手続きのため以下のものを準備しましょう。

《マイナ第2弾の手続きに必要なもの》
①手続きする人全員分のマイナカード

全員分マイナカード・パスワード

③全員分の健康保険証

④公金受取口座に設定する銀行口座の「銀行名・支店・口座番号」がわかるもの

⑤マイナポイントを申請するキャッシュレス決済の「決済サービスID」「セキュリティコード」

3)子供のマイナ手続き&マイナ申請手続き
子供の分の第2弾マイナポイントもきっちり取り切りましょう。

2つ注意があります。

注意子供の名義の銀行口座で公金受取口座を登録
→「子供名義の銀行口座」が必要です。
口座がない場合は、まず子供名義の銀行口座を作りましょう。

注意②キャッシュレス決済は親とは別のものを選択する必要があります。
→私は自分の分としてはペイペイ、子供の分としては楽天カードで申請しています。
(ペイペイも、楽天カードも私のもので申請です。)

4)マイナポイント申請のキャッシュレス決済はどこがよい
以下の基準を活用して、自分の使用しているキャッシュレス決済から都合のよいものを選びましょう。

《キャッシュレス決済の選択基準》
①ポイントを使える場所が多い

②キャッシュレス決済のスマホアプリにマイナポイントサポート機能がある

③いつポイント付与されるかハッキリとわかる

④受け取ったときにマイナポイントであることが明確にわかる

⑤マイナポイント申請から早期にポイント付与される

我家は自分の使っているキャッシュレス決済の中からペイペイと楽天カードで申請しましました。

ペイペイはマイナ申請の翌日午前中にさっそく全額ポイントもらいました。

楽天カードは申請月の翌々月の25日ころポイント付与となります。

5)子育て世帯はぜひ子供の分も含めてマイナポイントを取り切りましょう!
わたしはポイ活大好きです。

しかしマイナポイントのように大量にポイントを獲得できるチャンスは多くはありません。

ぜひマイナポイントを家族全員分きっちり取って、家計に生かしていただけたらと思います。

住宅ローンの借り換えはモゲチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました